| トップページ | サイトマップ | 個人情報保護・著作権について |

会期:2017年2月21日(火)〜24日(金)10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
会場:東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場) 東1〜6ホール
主催:(一社)日本厨房工業会、(一社)日本能率協会

一般社団法人日本厨房工業会は、業務用厨房やフードサービス向けの最新機器や、機器の設計・エンジニアリング技術のさらなる普及と向上を図る展示会「厨房設備機器展」を毎年開催しております。「厨房設備機器展」は「国際ホテル・レストランショー」「フード・ケータリングショー」との三展合同で「HCJ」として開催され、レストラン、フードサービスなど 飲食業をはじめ、給食・ケータリング業、中食・惣菜業からホテル・旅館等の宿泊業にいたるまでの業界関係者が集う、日本最大級の専門展示会となっております。
会場では出展企業による製品の展示やデモンストレーションが行われるほか、当工業会も各種企画展示を行うブースの設置や、会員各社より講師を迎えたセミナーの開催などを行っております。
皆様の積極的なご参加を、そして外食・中食、給食など業務用厨房に携わる方々のご来場を宜しくお願い申し上げます。

 
 

■日本厨房工業会セミナー

会員企業より講師をお招きして講演を行います。全来場者を対象とした無料のセミナーです。是非お申し込みください。(事前登録制ですが、当日席も若干ございます)

場所: 東1ホール 特設会場(展示会場内)
定員: 各セッション70名
申込方法: 下記日程表の各セッション欄のリンクにあるフォームから受け付けております。また、定員に余裕がある場合は、当日受付もいたします。
注意事項: @セッション毎にお申し込みください。
A講演者の都合により、セミナーの中止またはテーマ・講師が変更になる場合があります。


セミナーテーマ:「食を支える厨房イノベーション〜人手不足を補う効率化・省力化の最新事例〜」

【セミナー日程】
2月23日(木)
@10:40〜11:20
講師: 株式会社井之上事務所 代表取締役社長   鈴木 茂
東京ガス株式会社 都市エネルギーマーケティング部主任   丸山 文洋
演題: アジア市場から考察する国際観光都市TOKYOの実現にむけて
概要: 業務用厨房のあるべき姿を追求し、「人に優しい作業環境」の実現にむけて活動している『最適厨房研究会』にて海外厨房調査団を派遣しました。成長著しいシンガポールおよびマレーシアでの視察を通し、国際観光都市TOKYOの実現にむけた課題解決につながる厨房の生産性向上事例などをご報告します。
お申込みはこちらこちら

A11:50〜12:30
講師: ニチワ電機株式会社 執行役員部長   唐澤 直仁
演題: 人手不足対策・生産性向上の為の厨房計画
概要: 人手不足が進行する中、とりわけ厨房においては労働力確保が他業種と比較して困難な状況になってきております。解決しなければいけない課題としては、雇用確保の為の環境改善と少人数でも運営できる生産性向上の為の新たな厨房フォーマットの構築です。本セミナーでは、この2つの主題でご説明させて頂きます。
お申込みはこちら

B13:00〜13:40
講師: 株式会社フジマック
営業本部市場開発部第2部   次長 水谷 栄志/主任 西川 早苗
演題: 機能性に優れた効率化機器の御紹介
概要: 概要:深刻な人手不足に対応するための効率化機器について、実際の現場でどのように使用されているか。実例を踏まえ御紹介させていただきます。
お申込みはこちら

C14:10〜14:50
講師: タニコー株式会社 設計室   中村 祐太
演題: 知らないと損!人手不足解消の厨房設計テクニック
概要: 近年、飲食業界の人手不足が深刻な課題としてあげられています。その課題に対して厨房メーカーが提案できることをわかりやすく解説。タニコーが行っている取り組みや実際の施工事例をもとに、具体的な解説を踏まえながらご紹介いたします。
お申込みはこちら

D15:10〜15:50
講師: 福島工業株式会社
営業本部 フーズコンサルタント室 室長 田本景子
開発本部 開発2課課長 岡本 泰明
企画部 開発課課長 北川 貴博
演題: 人手不足とHACCP義務化に備える!最新ブラストチラーと温度管理システム
概要: 人手不足解消のヒントは「冷却」にあり!ブラストチラーを活用した効率化の他、品質・安全性UPのポイントもご紹介します。使用後の清掃作業が不要の自動洗浄機能付きタイプのブラストチラーのご紹介も行います。
また、注目を浴びるHACCP管理について、その実施には温度管理が重要となります。記録や管理の作業を軽減できるすぐれた温度管理システムをご紹介します。
お申込みはこちら

■給食セミナー(日本厨房工業会主催枠)
会員企業より講師をお招きして講演を行います。栄養士・管理栄養士を対象とした無料セミナーです。是非お申し込みください。(事前登録制ですが、当日席もございます)
場所: 東3ホール・給食セミナー会場
定員: 各セッション100名
申込方法: 下記日程表の各セッション欄のリンクにある申込フォームから受け付けております。また、定員に余裕がある場合は、当日受付もいたします。
注意事項: @セッション毎にお申し込みください。
A講演者の都合により、セミナーの中止またはテーマ・講師が変更になる場合があります。

セミナーテーマ:「人手不足を勝ち抜く給食設備」

【セミナー日程】
2月24日(金)

@11:00〜11:40
講師: 株式会社HALTON
代表取締役 町井 義生
演題: 働きたい厨房を作るには、どう厨房環境を決定していくのか?
概要: 理想の厨房は?温熱環境が整った快適な空間です!
HALTONの換気システムはヨーロッパの最先端技術のオーダーメイド設計。
厨房で働く人々が集中できる環境「温度25℃以下・湿度80%以下・気流速0.5m/s以下・低輻射熱・照度500 lx」を整える具体策を提案し、厨房作りをサポートします。また、ご愛用者に喜ばれている、空調負荷低減によるコスト削減や自動洗浄システム、点検・清掃サービス等の事例もご紹介します。
お申込みはこちら

A12:10〜12:50
講師: 株式会社マルゼン
キッチンコンサルティング室 室長   清野 賢一
演題: 「人手不足対策」〜皿盛再加熱による生産性の向上〜
概要: 近年、飲食業界における人手不足は深刻な問題となり、これを解決することが重要な課題となっています。そこでマルゼンでは、人手不足対策の1つとして料理を皿盛りした状態で再加熱を行う「皿盛再加熱」を御提案いたします。当セミナーでは、皿盛再加熱方式のメリット・導入実例など、生産性向上の観点から具体的に御説明いたします。
お申込みはこちら

B13:20〜14:00
講師: 株式会社コメットカトウ
東京支店 ソリューション営業課 課長 井川 俊正
演題: 調理の常識を変える!今ある機器で生産性を上げる省力調理法と最新加熱機器
概要: 調理には様々な工程が必要になるが給食現場において生産性を上げる為、調理工程を見直すという取組みは少ない。今セミナーでは美味しさを保ったまま今ある機器で生産性を上げる為の手法(省力調理法)の講演と、省力を追求した当社の最新加熱調理機器のご紹介を行う。
お申込みはこちら

C14:30〜15:20
講師: 服部工業株式会社
西日本営業部 山本 将市
演題: セントラルキッチンで活躍! 省力・効率化でらくらく調理
概要: 大量調理の現場では、重たい食材や機器を扱ったり、不規則な勤務体系で体を壊したり、多くの現場で過酷な環境に悩んでいます。
当社で運営している給食センターでは、高効率ガス燃焼方式を採用し運用コストを削減したり、クックチルを取り入れ調理工程をまとめることで、効率的な厨房業務を実現しています。他にも、時間と人手がかかる調理を機械化することで、コスト削減と省人化につながったケースを紹介します。
お申込みはこちら

■一般社団法人日本厨房工業会ブース
@「業務用厨房設備機器基準」
当工業会が認定する技術基準について、パネルにてご案内いたします。
また、認定された実機の展示も行います。
A「厨房設備士資格認定試験」
当工業会で実施している資格認定試験について、ご案内いたします。
B「日本厨房工業会会員コーナー」
当工業会会員にて展示会未出展企業のアピールの場として、会員コーナーを設置いたしました。

〔会員コーナー出展企業〕
・山県化学(株)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・プラスチックまな板、プラスチック料理道具
・細山熱器(株)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・貯湯式湯沸器、温水器
・桐山工業(株)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・蒸気釜KSU−30
・(株)キャニオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ステンレスワゴン、ステンレスシェルフ
・東産業(株)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・脱臭くん
C「会員コンシェルジュ」
当工業会会員企業の紹介を希望されるお客様がいらっしゃいましたら、工業会職員が当該企業のブースまでご案内いたします。お気軽にご相談ください。

その他、書籍の頒布なども行う予定です。ぜひお立ち寄りくださいませ。


お問い合わせは……
一般社団法人日本厨房工業会
TEL:03-3585-7251 FAX:03-3585-0170
HCJ三展合同事務局
一般社団法人日本能率協会
産業振興センター内
TEL:03-3434-1377 FAX:03-3434-8076
E-mail:hcj@convention.jma.or.jp
 ページのトップへ戻る