| トップページ | サイトマップ | 個人情報保護・著作権について |
20
会 期:2020年2月18日(火)〜21日(金)10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
会 場:幕張メッセ 国際展示場 1〜8ホール
主 催:(一社)日本厨房工業会、(一社)日本能率協会
テーマ:「快適・省エネ・省力化。ニッポン厨房最前線」

一般社団法人日本厨房工業会は、業務用厨房やフードサービス向けの最新機器や、機器の設計・エンジニアリング技術のさらなる普及と向上を図る展示会「厨房設備機器展」を毎年開催しております。「厨房設備機器展」は「国際ホテル・レストランショー」「フード・ケータリングショー」との三展合同で「HCJ」として開催され、レストラン、フードサービスなど 飲食業をはじめ、給食・ケータリング業、中食・惣菜業からホテル・旅館等の宿泊業にいたるまでの業界関係者が集う、日本最大級の専門展示会となっております。

会場では出展企業による製品の展示やデモンストレーションが行われるほか、当工業会も各種企画展示を行うブースの設置や、会員各社より講師を迎えたセミナーの開催などを行っております。

また、第20回厨房設備記念企画として、ノベルティを配布いたします。

皆様の積極的なご参加を、そして外食・中食、給食など業務用厨房に携わる方々のご来場を宜しくお願い申し上げます。

※今回は「幕張メッセ」に会場を移し開催いたします。

 
 

■(一社) 日本厨房工業会セミナー

会員企業より講師をお招きして講演を行います。全来場者を対象とした無料のセミナーです。是非お申し込みください。(事前登録制ですが、当日席も若干ございます)

場   所: 給食・厨房セミナー会場 6ホール 特設会場(展示会場内)
申込方法: 下記日程表の各セッション欄のリンクにあるフォームから受け付けております。また、定員に余裕がある場合は、当日受付もいたします。
注意事項: @セッション毎にお申し込みください。
A講演者の都合により、セミナーの中止またはテーマ・講師が変更になる場合があります。


【セミナー日程】
2月18日(火)
@11:00〜11:40
講演企業: 一般社団法人日本エレクトロヒートセンター
講  師: 一般社団法人日本エレクトロヒートセンター 業務用厨房機器IoT構築WG委員 北川 貴博
ウイングアーク1st株式会社 営業・カスタマーサクセス本部 流通事業推進室 室長 関口 太郎
演  題: 食の安全・安心をデータ化!厨房機器共通IoTプラットフォームの開発
概  要: 食品衛生法改正に伴うHACCP制度化に対応する「厨房機器共通IoTプラットフォーム」を開発した。これにより、複数の厨房機器メーカーの厨房機器を横断的に統一して管理できることが可能となり、記録業務の負担の軽減が図られ、食品事業者様にとってHACCPの一部または全部を取り入れた施設運営の対応が容易になる。
→ お申込みはこちら

A12:00〜12:40
講演企業: 株式会社中西製作所
講  師: スマート洗浄機事業部 部長 松浦 健一
演  題: 洗浄現場からみた働き方改革
概  要: 外食産業における洗浄現場の雇用問題は深刻化を増しています。重労働作業となる洗浄現場は洗浄機を入れ替えるだけでは環境改善できないのが現状です。現場の認知を変えることで行動が変わり結果が変わります。今回は、現場を変えるアイデアをご提案します。
→ お申込みはこちら

2月19日(水)
@11:00〜11:40
講演企業: 株式会社フジマック
講  師: 営業本部 市場開発部 第二部 水谷 栄志
演  題: 作業を楽にする厨房機器の御紹介 〜真の省力化に向けた取組〜
概  要: 従来必要であった作業を軽減、もしくはなくすことのできる厨房機器、また歯止めのかからない人手不足に対応するため、未来を見据えた製品の御紹介を致します。
→ お申込みはこちら

A12:00〜12:40
講演企業: タニコー株式会社
講  師: 北関東事業部 設計課 係長 星子 雄一
演  題: 無理なくできる厨房ダイエット
概  要: ムリ、ムダ、ムラを無くして目指せスマート厨房。誰でも簡単にできる環境改善の3つのポイント。厨房設計者の観点から実際の施工事例をもとに分かりやすく解説致します。
→ お申込みはこちら

2月20日(木)
@11:00〜11:40
講演企業: ニチワ電機株式会社
講  師: 取締役 営業部長 唐澤 直仁
演  題: 医療・福祉の厨房運営改善・省人化対策
概  要: 医療福祉においては、現在の人手不足が大きく厨房運営に支障をきたし、朝・昼・晩の食事ごとに調理を行い、それを盛付けて配膳する従来の方式では限界がきております。その解決のキーワードとして「ニュークックチル」「再加熱カート」「完全調理済食品」「セントラルキッチン」を踏まえながら、改善手法をご提示致します。
→ お申込みはこちら

A12:00〜12:40
講演企業: 株式会社コメットカトウ
講  師: 東京支店 ソリューション営業課 課長 井川 俊正
演  題: 調理の常識を変える!今ある機器で給食調理の生産性を上げるポイント
概  要: ・食事の満足度って何から来るんだろう?
・どうすればお金をかけずに省力化出来る?
・スチコンの活用法を知る機会が欲しい?
給食調理に関わる方で上記に興味があればまず受講ください。解決の糸口が見つかるかも知れません。
→ お申込みはこちら

2月21日(金)
@11:00〜11:40
講演企業: フクシマガリレイ株式会社
講  師: 営業戦略部 部長代行 黒木 健一
演  題: IoTや補助金で賢くHACCP管理や省エネを!「GALILEI」未来への取組み
概  要: HACCP制度化に向けて、IoTを活用した省力化システム。また環境保全やランニングコスト低減を図る為、機器の省エネ化には興味があるが、イニシャルコストを抑えたいという方へ補助金情報もご紹介します。
GALILEIとしてスタートした当社グループの「おいしさの未来を拓くオープンイノベーション」の取組みをご紹介。
→ お申込みはこちら

A12:00〜12:40
講演企業: サラヤ株式会社
講  師: サニテーション事業本部 マーケティング部 統括部長 砂川 晃一
演  題: HACCP制度化に向けた温度管理の自動化・帳票類の省力化について
概  要: HACCP制度化と省力化を同時に実現することをテーマに、冷蔵冷凍庫温度や食品温度の自動記録が可能になる「GRASP-HACCP」IoT温度自動管理システムのサービス展開をスタートしました。今後展開する「帳票管理」を含め、HACCP全般に必要なサービスをご案内させていただきます。
→ お申込みはこちら

B13:00〜13:40
講演企業: 株式会社マルゼン
講  師: 研究センター 部長 石川 智行
演  題: 人手不足に応えた最新スチコンの活用法
概  要: 昨今の人手不足問題は、食を提供する世界において日々深刻化していることは言うまでもありません。そこで、マルゼンの最新スチコンをフル活用することで、大幅な効率化を図れます。スマホのような操作感覚を応用した新機能を紹介し、実感していただきます。
→ お申込みはこちら

C14:00〜14:40
講演企業: 服部工業株式会社
講  師: 本社営業部 家田 克彦、東京営業所 山元 薫
演  題: 釜の自動調理で新たなビジネス!効率化されたセントラルキッチン運営
概  要: 自社グループで運営するセントラルキッチンでは、スープ、お弁当、介護食、幼稚園給食、託児給食、カフェランチなど幅広い給食をクックチルの仕組みで毎日1,000食ほど生産しています。釜の自動調理を実現し、新たなビジネスに挑戦した取り組みなど、実際に厨房の運営してきた中で、自分たちで経験してきた数々の失敗や改善から得た、効率化に向け取り組んだ事例をご紹介します。
→ お申込みはこちら

C15:00〜15:40
講演企業: 株式会社ハイサーブウエノ
講  師: 代表取締役社長 小越 元晴
演  題: 外食産業のSDGsの為、厨房が出来ること(キャッシュレス、ロボット、AI)
概  要: 人手不足問題に対応するには、働きやすい厨房環境が重要です。尚且つ、生産性の高い、収益性の高いお店となるには、キャッシュレス、ロボット、AIの活用がキーです。これらを厨房機器、厨房の仕組みと連携させている成功事例の共有。そして、外食産業の持続的成長に向けての提案を行います。
→ お申込みはこちら


■一般社団法人日本厨房工業会ブース
@「業務用厨房設備機器基準」
当工業会が認定する技術基準について、パネルにてご案内いたします。
また、認定された実機の展示も行います。
A「厨房設備士資格認定試験」
当工業会で実施している資格認定試験について、パネルにてご案内いたします。
B「日本厨房工業会活動紹介」
当工業会の組織図や会員の分布をパネルにてご案内いたします。
C「厨房女子会活動紹介」
今年度開催しました、厨房女子会の様子をパネルにてご案内いたします。
D「会員コンシェルジュ」
当工業会会員企業の紹介を希望されるお客様がいらっしゃいましたら、工業会職員が当該企業のブースまでご案内いたします。お気軽にご相談ください。
E「日本厨房工業会会員コーナー」
当工業会会員にて展示会未出展企業のアピールの場として、会員コーナーを設置いたしました。
〔会員コーナー出展企業〕
・東産業株式会社(焼網洗浄機)
・株式会社安達工業(グリスフィルター)
・株式会社キャニオン(ステンレスワゴン、ステンレスシェルフ)
・株式会社メイトー(めん釜、ゆでめん機、マルチボイル)
F「日本厨房工業会・入会説明コーナー」
当工業会に入会を考えている方に、ご案内・ご説明いたします。
G「火災注意喚起」
火災注意喚起を、パンフレット配布にてご案内いたします。
H「行政による補助金等の解説コーナー」(予定)
行政からの補助金等の解説を、パンフレット配布にてご案内を予定しています。
I「漫画でわかる厨房誌の歴史」
月刊「厨房」第600号の記念企画をパネルにてご案内いたします。
J「HACCPコーナー」(予定)
会員企業のHACCP関連のパンフレット配布を予定しています。
K「第20回厨房設備機器展記念企画」
第20回厨房設備記念企画として、ノベルティを配布いたします。
その他、書籍の頒布なども行います。ぜひお立ち寄りくださいませ。


お問い合わせは
一般社団法人日本厨房工業会
TEL:03-3585-7251 FAX:03-3585-0170
HCJ三展合同事務局
一般社団法人日本能率協会
産業振興センター内
TEL: 03-6809-2707
E-mail: helpdesk@k3c.co.jp
 ページのトップへ戻る